香りのこと

2015年11月16日

香りの創作について

P1250192

友人から依頼を受けたフレグランスミストを試作してみた。お話を聞いて浮かんだのは地中海の風景。笑顔にならずにはいられない青空と、鮮やかなターコイズブルーの海、切り立つ岩場の上には一面に広がる黄色い花。からりと乾いた温かな風、優しい大地のぬくもり、漂ってくる野草や花の香り。


「不滅、不死」を意味する黄色い花イモーテルを中心にレシピを組み立ててみた。太陽(helios)と金(chrysos)を語源とするイモーテル=ヘリクリサムは永遠の美を象徴する花だ。


自分でもおもしろいと思うのだが、香りのオーダーをいただくといつも様々な風景が浮かび、そこに時が流れて、景色や気配が変化していく。それをそのまま眺めていると、そこにふと一つの香料が浮かぶ。それを中心に置いてあげれば、レシピは自然に組み上がっていく。


だから、たとえばイモーテルが不滅を意味するとか、永遠の美を象徴するとかというのは、後から加えた説明でしかなくて、話をうかがいながら見えてきた景色の中に、その黄色い花は既に存在しているのだ。


もちろん、レシピは自然に任せるだけでは出来上がらない。景色の中の香りをそのまま再現するのではなく、そこに見えた物語を形にするために香りを組み立てていく。


だから、見えたそのままの花や木々の香りを必ず使うわけではないし、まったく異なる香りを用いて、その印象を作り出していくこともある。いくつかの記号を組み合わながら、幻から現を生み出していくような作業かもしれない。


ただ、いつも思うのは、まだ存在しない香りを作り上げているようでいて、その香りは、実は見えないところで既に完全な形で存在しているのではないかということだ。だから、私が成すべきことはといえば、その美しい形にできる限り近づくことであり、そしてそれは大抵、加えて、足して、組み立てていくというよりも、むしろ削ぎ落としていく作業となる。


「こういう香りを作りたい」という意図はあるが、話をうかがう中で見えてくる景色はわたしという意図を超えてやってくるし、そこで浮かぶ香料もまた意図して見出せるものでもない。しかし、その「既に存在する香り」に近づこうとする意図は必要で、それはまるで意図を超える意図へと手を伸ばしていくような行為だ。


そういう時に、アタマつまり知識で作ろうとすると、イメージの中に見た風景と物語は遠のいてしまう。そしてまた、その風景をただ再現するだけでは、見えないところで既に完成されて存在する香りには到達できない。だから、委ねながら意図し、意図しながら手放して、削ぎ落としながら組み立てていく。


そんな風にして、考えてもよくわからない作業と行為を重ねていくのは、とにかくおもしろい。香りを作らせていただけることは、本当に嬉しくて、ただありがたい。意図を超えるイマジネーションを、意図を超えて形にするのは喜びそのものだ。だから、いただく機会にいつも感謝している。


さて、今日も美しいイメージを描いていこう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 8日

ジャン=クロード・エレナ『調香師日記』を読み返して

P1250112

エルメスの専属調香師ジャン=クロード・エレナ氏は、著書『調香師日記』の中で、ジャずの巨人ビル・エヴァンスについて触れている。


数々のビル・エヴァンス・トリオの中でも、私が最も好きなマーク・ジョンソンとジョー・ラバーバラとの演奏に言及した後に、「この〈色彩のある音〉を〈色彩のある匂い〉に置き換えられないものかと思う」と述べていて、強く共感する。


そう、色なのだ。
私もまたビル・エヴァンスの生み出す音の色彩に惹かれてやまない者であり、その色は私の中からうつろう水彩画のような香りのイメージを引き出してくれる。


今取りかかっている香りを作ったら、次は、まだ形にならないまま孕まれているいくつかの音楽(サウンド、音の色彩)から想起されたイメージを香りにしていこう。



ビル・エヴァンスのプレイは、繊細で、端正で、存在感と輝きを放っている。
                    ジャン=クロード・エレナ『調香師日記』より








Pic7





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 6日

女神の余韻

12185059_969077296488636_4625856386

現世的世俗の枠組みではなく、
神話的な世界の残響。
象徴的な形無き印象。


それは決して所有できないからこそ永遠を宿す。


美とはそういうもの。
香りもまたそういうもの。
それは真に贅沢なもの。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月29日

愛と美と喜びと

1280px1863_alexandre_cabanel__the_b

香りは音もなく体に響き、思考を超えて呼び起こす
感応することは、官能すること

官能はエロスを呼び覚ます
鳴らされ、揺らされ、生が目覚める

それは、命の力
生きていること

呼び覚まされた生の力は
自在に夢を描いていく

そうしてそこから宇宙が広がる
内と外とが共鳴していく



・・・アフロディテとエロスの香りを創ろう。
そして、プシュケの香りも。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月17日

香りは祈り

P1240966

その人の内側に流れて見える色彩、その人の向こうに感じる景色を、記号に変えて香りを創る。音もなく立ちのぼっては、うつろいながら流れる香りに、ふわりと包まれる静かな時。


煌めく太陽と温かな土、
香しい花とみずみずしい果実、
そして幾重もの祈りと幾つもの死をこめた、生の香り。


分離を超えて繋がっていく。
静寂のうちに共鳴していく。


言葉では伝えきれないことを、体に届けていく作業。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月31日

Palermo

Palermo695689_1280

イタリアはシチリア島、パレルモのイメージを追いかけて、香りをブレンドしてみた。青い空と碧い海、燦々と降り注ぐ太陽、輝くレモンの果実、鮮やかに咲き誇る花々、乾いた風が運ぶ潮の匂い、強いコントラストを描く石造りの街並み、大聖堂に染み込んだ幾重もの祈り、そして脈々と続く生の営み。


シチリアの火と土と風と水。複雑に絡み合う様々な要素、バラバラに見える香りの記号を、一つの物語にまとめていくという作業。


ムエットに染み込ませた香りの変化が予想を超えていて少し驚く。柑橘系の鮮やかな色彩が弾けた直後、青を含む爽やかな風が吹き抜け、そうして様々な花の香りがふわりと開花する。これまでは練り香にすることが多かったけれど、この香りはスプレーにしよう。


香りをブレンドしていつも思うのは、光だけでは物語は作れないということだ。明るい香り、軽い香り、華やかな香り、甘い香りだけでは陰翳は作り出せず、暗い香り、重い香り、苦い香り、渋い香りを組み込んでいくことで、光と影、変化する色調、重なり流れる時、奥行きのある物語が生まれていく。


人生も、人も、音楽や踊りや芸術表現だって同じこと。数多の側面、いくつもの色、様々な音が、複雑に絡み合って一つの物語を形成している。それは、始まってはやがて終わりゆく変化しつづけるハーモニー。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月24日

神々の祝福を香りにするなら

P1240225

ご依頼を受けてお話を伺い、今のその方のための香りを少しずつ創ってきたけれど、次は、ご縁のあるすべての方に心地よく作用する香りを創っている。自分と自分を繋ぐ香り、内なる宇宙をスムースに開かせる香り、外と内をほどく香りを創っている。


愛と祈りと祝福と。
天使とディーヴァと女神の香り。


香りの創作だけでなく、タロットリーディング&ビジョンリーディングのセッションも引き続き継続している。カードは無意識へのゲートであり、あなたを映し出す鏡のようなツール。あなたとわたしとが響きあいながら、安心の中で循環をほどいて、エネルギーを解放する。本音をひもとき、夢を開かせる・・・そういう共鳴と変容の時と場。


「タロットカードって不思議ですね!」とよく言われるが、カードは本当に見事なほど、ご相談者様の内側(に既にある答えや選択)を映し出す。カードも、わたしも、ご相談者様の映し鏡。映ったものをともに見つめながら、思考を整理し、思いこみや観念をほどいて、内なる真実を明らかにするお手伝い・・・ができれば思っている。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月10日

天使のギフト

P1240129

友人と話をしていたら、まったく予想外のところから素晴らしいアイデアがやってきた。なぜか今まで思いつかなかったけれど、それはぜひとも創りたい!


これも嬉しい天使の仕業。
いつも思いも寄らぬギフトをくれる。


愛、自由、光、風、水、火、土、そして、ゆるし。
天使とガイアとディーヴァの力を借りて、とびきりの香りを創ろう。


完成したらここでお知らせいたします。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 9日

そのままをゆるす香り、ほどく香り

P1240107

ふと、寂しさを、悲しみを、癒す香り、慰める香りもいいけれど、それをそのままに味わうことをゆるしてくれる香りがあってもいいのではないかと思う。さて、では、悲しみを色に置き換え、それを香りにするとなれば、どんなイメージが広がるだろう。


音は色、そして色は香りになる。あらゆる感覚、感情は、生の煌めきと彩であり、すべての色は、根源的には生きている悦びにほかならない。


などという、どうでもいいような取り留めのない妄想。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 2日

香りをお渡し

11150895_894014267328273_2674749819

今日は、完成した「あなたの香り」をモニターさんにお渡ししました。


今回お創りしたのは、ゴールド~オレンジの色彩を基調にした、新たな始まりへの期待と高揚、泉のように湧きあふれる喜びを描いた香り。天使の祝福と秘密のエッセンスも調合し、幕開けの意を込めた名をつけて、香りに魔法をかけました。


お渡ししてすぐ、手首につけてくださいました。そして、香りを吸い込まれて・・・「いい香り!!手元に来たものが必要な香りなんだと思っていましたが、それどころか、何一つひっかかるもののない、今の私にぴったりな香りです!」と。


なんて嬉しいことでしょう!


事前に一度お会いしてお話をうかがい、そこで共に見させていただいた夢やビジョン、そこに広がって見えたイメージと風景、そして、それらに感じた色や音などを香りにしました。


祝福と歓喜の幕が開き、ますます大きな喜びの循環へと自由に、自在に、羽ばたかれますように☆


帰り道、一人で祝杯をあげようと、ちょっぴり久々にお邪魔した好きなお店で、アルザスのロゼ・スパークリングをプレゼントしていただき、ますます幸せな気分に。落とされた照明に浮かび上がるその美しい色合いは、今回お創りした香りの中に閉じこめた、海の向こうに広がる鮮やかな朝焼けのグラデーションによく似ていました。


ああ、もっともっと香りを創りたい。
いえいえ、創っていきますよー!


香りを創らせていただけて、そして喜んでいただけて、本当に幸せです。


天の導き、地の恵み、天使、スピリット、ディーヴァ、そして関わってくださるあらゆる人々・・・宇宙のすべてに、ありがとう☆



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧