« Seraphim | トップページ | 香りの創作について »

2015年11月15日

世界を創造するということ

P1250185

外側に発見するものはすべて内側にあるものだ。内側が安らいでいれば、外側も安らぎに満ちていくし、内側が素直に循環していれば、外側の循環もスムーズで豊かなものとなる。もし外側が足りないと感じるなら、それは、内側への関心と認識が足りていないということだ。


外へと求め、外へと働きかけるエネルギーを、内を認め、ゆるし、満たすことへと注ぐほどに、外側もまたゆるされ、満たされていく。


何かが本当に足りないならば、今ここに存在していないのだ。だから、今の大丈夫を本当に知れば、安らぎも豊さも内から外へと響いていく。


誰かを助けようとする前に、何かを変えようとする前に、自分を知り、自分を認め、自らを満たすことが先だ。それこそが己を知るという本当の謙虚さであり、そして、自らに安らぎ、自らを幸せにできる者は、存在するだけで周囲に、世界に、安らぎと喜びを届けていける。
安心も、喜びも、いつでも内側で発見されることを待っている。認められ、ゆるされ、放たれることを待っている。


内側にあるエネルギーを正直に表すことで、望みは創られていく。
安心と喜びに満ちた世界が創造されていく。



|

« Seraphim | トップページ | 香りの創作について »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1002455/62561281

この記事へのトラックバック一覧です: 世界を創造するということ:

« Seraphim | トップページ | 香りの創作について »